HOME | 学校紹介 | 鶴崎工業高校 建築科

鶴崎工業高校 建築科 (3学年120名)

大分市大字葛木509番地
 
 

最新の情報は鶴崎工業高校ホームページでチェック
 ホームページへ

スゴイ!ポイント① 進路実績(令和元年度)

 
女子の専門職に対する就職もサポート!
専門職も設計、積算、施工、大工など幅広い選択が可能!
【民間企業】 希望進路達成100%
㈱アイビック、㈲岩賢住宅、梅林建設㈱、㈱浦松建設、熊野建設㈱、㈱佐伯建設、三光建設工業㈱、㈱末宗組、㈱菅組、住友林業ホームエンジニアリング㈱九州事業所、㈱竹内工務店、ナカノス建設工業㈱、日鉄テックスエンジ㈱大分事業所、平倉建設㈱、㈱松井組、㈱和田組など・・・・・。(学科の特色を生かした就職82%)
【進学】
日本文理大学 など

 

スゴイ!ポイント② 人間教育とキャリア教育の充実

 
技術者、社会人して必要な人間力(礼儀・礼節、感謝の心、ものを大切にする心、協調性)を建築科職員が一丸となって教育。授業では知識を学び、実習では体を動かしながら技術を磨く。
そして、それらの活動を通してチームワーク、コミュニケーション力を身に付けます。
また、各種現場見学、先輩の里帰り授業、建築技術者を講師に招いての講義、さらには2年次には3日間の職場体験など建築現場や建築という仕事の魅力に触れる機会が充実しています。
 

 1年 実習風景


 

 2年 インターンシップ


 

 3年 建築科授業風景


 

 現場見学


 

 木造住宅現場見学

スゴイ!ポイント③ ものづくり教育の充実

 
鶴崎工業高校では、活動を通して学ぶというところに力を入れています。実習では、測量、建築模型製作、木材加工、コンクリート作成、建築環境に関する実験、CADなど様々な内容がありますが、その活動では、チームワーク、コミュニケーションが必要となります。それは各作業において責任を持て、自ら考え行動するというところに重点を置いているからです。これらの活動を通して生徒は大きく成長していきます。
また、放課後の取組みでは日々、木材加工の技術を磨いている生徒もいます。本校建築科は、『大分県ものづくりコンテスト木材加工部門』において県内の強豪校を押さえて12年連続優勝しています。また、各種大学主催の設計コンペ(製図コンクール)では、自由な発想と技術を磨いた製図力で西日本有数の結果を継続して残しています。今年度も東京での表彰式に招待を受けた生徒が2名もいます。
 

ものづくりコンテスト


 

 設計コンペ・建築模型製作

 

 

 設計コンペ・図面製作


 
ものづくり教育の一環として、建築科は文化祭にも力を入れています。日頃、培ってきたチーム力と専門力の成果を発表する場でもあります。今年度は3年生のお城の模型の展示がグランドチャンピオンに輝きました。2年生のノートルダム寺院をはじめとする西洋建築の模型展示、1年生のジェットコースターの製作もクラス全員で協力できよいものができ、また作品製作を通してクラスの絆を深めています。
※鶴崎工業校の文化祭は、毎年11月に開催される本校のメインイベントです。各学科の特色を活かしたクラス展示を行い、見学するために1時間待つところもあります。
建築科では毎年、作品製作を通してクラスの絆を深めています。
 

 文化祭展示作品


 
資格取得においても、今年度は2級建築施工管理技士12名合格(合格率75%)、2級技能検定建築大工2名をはじめ様々な資格を取得しています。その他にも、3級技能検定建築大工、トレース技能検定、建築 CAD検定3級、測量士補、建設業経理士など将来に生かせる資格の取得にもチャレンジしています。

建築科の1日

 
 8時20分  登校
   登校後、8:30までは朝読書を行います。
 8時45分  1~3限目(工業基礎)
   実習を通して、建築の基本的な知識や技術を学びます。
12時35分  昼休み
13時20分  5限目(座学授業)
   ディベートを通して「話す力」や「自分の考えを相手に伝える力」を高めます。
14時20分  6限目(LHR)
   入学後のLHRではグループワークを通して、友達づくりを行います。
15時35分  下校、部活動へ
 

  工業基礎 の様子
 

  ディベート の様子

  LHR の様子

生徒インタビュー① 建築科3年  衛藤 詩織さん

 
Q1 出身中学校と現在の部活動を教えてください。
 大分市立坂ノ市中学校  建築部
Q2 鶴崎工業高校の建築科を選んだ理由は何ですか?
 住む、学ぶ、働くなど、人々の暮らしに常に関わっているというところから建築という分野に興味を持ったからです。
Q3 鶴崎工業高校の建築科の良いところ・自慢を教えてください!
 部活動が盛んで、ほぼ全員が何らかの部活動に所属しているところです。私の所属する建築部では、大分県高校生ものづくりコンテストで12連覇しています。
Q4 高校生活で今一番、頑張っていることは何ですか?
 大分県建築士事務所協会主催の卒業創作展に出品するための図面を製作しています。
Q5 将来の夢は何ですか?
 公共施設の設計の仕事に就くことです。建築を通して地域に貢献したいと思っています。

生徒インタビュー② 建築科3年  上野 優真さん

 
Q1 出身中学校と現在の部活動を教えてください。
 大分市立大在中学校  サッカー部
Q2 鶴崎工業高校の建築科を選んだ理由は何ですか?
 ものづくりが好きであったことと、生まれ育った地域へ社会貢献できる仕事に就きたかったから。
Q3 鶴崎工業高校の建築科の良いところ・自慢を教えてください!
 礼儀、挨拶など社会人として大切なことを徹底的に教えてくれます。また、就職率も良いところが自慢です。
Q4 高校生活で今一番、頑張っていることは何ですか?
 今、頑張っているところは卒業設計です。卒業設計では、地産地消の家という課題が与えられています。自ら敷地を設定し、課題に沿った住宅の設計をしています。3年間で学んだことを活かして作成しています。
Q5 将来の夢は何ですか?
 将来の夢は現場監督になることです。これまで学校生活で学んだことを、さらにレベルアップしていきたいです。また、建築物を1から造り上げていくところにも興味を持ち、たくさんの建築物の施工に携わりたいです。