防水工

BOUSUIKOU

風雨や地下水から建物を守る
太陽光発電や屋上緑化にも技術が生きる

仕事内容はどんなこと?

防水工事は建造物の基本的な目的である「雨露をしのぐ」ために非常に重要な役割を担っています。
様々な工法の中から、最も適切な工法を選択して屋上・厨房・浴室などの施工します。

どんな人が働いているの?

工事の目的を把握し、適材適所の判断ができる技術者と的確に施工できる技能者が求められています。
施工管理技術者として、適切な防水設計ができる高度な知識と能力が要求されます。

関連する免許・資格は?

1・2級防水施工技能士
登録防水基幹技能者

ワンポイント

地球環境に考慮した技術開発 防水工事の技術は、屋上緑化や太陽光発電の工事に生かされています。
●木の根に負けない防水材や耐根シートの開発
●太陽光発電設備の設置から防水層を保護する技術